商品からハンドメイドへ。おしゃれを楽しむリメイク!

ファッションを気にするようになってある程度たつと、「自分で服を考えたい」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

街中で売られている商品を自分の手でオリジナルへの1品へと変えるリメイク。

「リメイクなんて大変だし」

そう思っている方、そんなことはありません!
やってみると楽しいものですよ!
私は失敗しまくってしまいましたが(笑)

リメイクは色々な種類があります。
取り組みやすい代表としてはまずペイントがあります。

手芸用のペンキとハケや筆を使って、自由にペイントするのです。
ハケや筆で模様を描いてもよし、躍動感を表したいなら毛先にペンキを付けて上から下へ「ビュ」っと振り下ろす。
自然な形でペイントが入るためとってもオシャレな1枚に仕上がります。

他には布を縫い合わせること。
カットソーのイメージです。
Gパンなどのリメイクで多いのが、あえて生地を大きく裁断し、そこにおしゃれな布を縫い付ける。
アイポイントにもワンポイントにもなりますし、ミシンがあればすぐに終わります。

ダメージ加工も手軽にできます。
ストーンウォッシュ(専用の石とGパンを洗濯機へGO!)やカッターで繊維をこすって糸を見えるようにしたりすることができます。
私は、ストーンウォッシュで「うるさい!」と親に怒られ、カッターで切ってはいけない糸まで切ってしまい失敗に終わりました(笑)。

でも、おしゃれのために時間をかけて手軽にハンドメイド気分が味わえるリメイクは、社会人になっても時間を見つけて行っています。

そんな手を加えた服が褒められたときはとても嬉しいです。
暇を見つけて、オリジナルを作り上げてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です